人気の貧血サプリランキング

貧血サプリメントランキング貧血気をつけること

貧血気をつけること?

中高生が気をつけること

中学生の頃は、成長期で体が発育するために全身で鉄が必要とされています。赤血球もどんどんふやさなければならない年代です。しかしこの時期の女子は、成長と月経が重なり、鉄が不足しがちです。高校生になると、成長の度合いは中学生ほどではありませんが、月経の出血量が多くなります。
●血や肉をつくる働きのあるタンパク質は、特に大切です。体調を整えるカルシウムなどのミネラル補給も重要です。
●朝昼晩の3食をきちんと食べること。それができないときは、不足しがちな食品をチェックして間食などで補います。おやつは、スナック菓子やケーキではなく、牛乳やヨーグルトなどの乳製品にしましょう。野菜が足りないときは、野菜ジュースを飲むようにしてください。またサプリメントなどで補うことも必要です。

20代が気をつけること
大学生や社会人になると、どうしても外食が増えます。ひどいときは朝食抜き、昼もスナック菓子ですます、といったケースもあるようです。また、ひとり暮らしの場合は、便利なファストフードやインスタント食品に頼りがちになります。20代の女性の10%は、貧血のために献血ができないという事情の背景には、このような食生活もあるようです。将来、母親になる可能性を考えて、もっと食事に気を配らなければいけません。
●タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン類をバランスよく組み合わせた食事が大切です。外食は野菜不足になりがち。朝食に温野菜をたっぷりとる工夫をしましょう!

妊娠中の方が気をつけること
妊娠がわかったら、胎児の発育に必要な栄養と、母体に必要な栄養の2人分を確保するために、それまで以上に食事に気を配りましょう。
妊娠中の貧血を防ぐため、特に注意したいこと↓↓
鉄分の必要量
成人女性の1日の鉄の所要量は、12mgですが、妊娠中や授乳中は20mgとなっています。
タンパク質の必要量
タンパク質の推奨量も、1日60gですが、妊娠中は70g、授乳中は80gとなっています。
その他の栄養素
ビタミンB群やビタミンCは貧血を防ぐうえで重要なビタミンですので、しっかりとる必要があります。カルシウムも胎児の骨や歯をつくるために使われるので、妊娠中は不足しがちになります。
食欲がないときの工夫
基本は食事をきちんととることですが、神経質にならずに、スナックやおやつも食事の一部と考え、栄養補給になるようなものを選びましょう。つわりで食が進まないときは、適度に冷たく調理をしたもの、酸味をきかせたものなどで工夫します。また3食で十分食べれないときは、1日の食事回数を4~5回にして、少量ずつでも必要な栄養素をとるように努力しましょう。

ランキング更新

ヘムアイアン

サンアクティブFe

にんにく卵黄


プレミアム

サジーマイルド

貧血の知識(4件)

貧血の種類(5件)

貧血の栄養成分(9件)

貧血のQ&A(15件)