人気の貧血サプリランキング

貧血サプリメントランキング>ビタミンB6

貧血に良い栄養素~ビタミンB6について~

女性の強い見方となるビタミンです。一日の栄養所要量は男性1.6mg・女性は1.2mgです。タンパク質や脂肪の代謝を促進する。日本人の食生活が欧米化し、たんぱく質の摂取量が増えるに従い、ビタミンB6の必要性も高まっています。たんぱく質は、いったんアミノ酸に分解され、体タンパク質をへてから再合成されて、私達の体をつくるタンパク質となります。しかし、成人の場合、体たんぱく質量は一定であり、タンパク質を多く摂取しても、体タンパク質が増えるわけではありません。それは体タンパク質には寿命があり、古くなると分解しただけで、新しいタンパク質が合成されないためです。タンパク質を多量に摂取した場合、体タンパク質の合成に使われなかったアミノ酸は、分解してエネルギーとして使われます。アミノ酸が分解してエネルギーになる過程でビタミンB6が必要となります。したがって、タンパク質を多量に摂取する人ほどビタミンB6の必要量が増えることになります。またビタミンB6は食品から摂取するだけではなく、腸内細菌によっても合成されるため、欠乏症はおこりにくいといわれています。ただし、抗生物質を長期間服用していると、腸内の細菌が育たなくなり、皮膚炎や貧血など、いわゆる欠乏症がおきることがあります。また妊娠中やピル常用者も、ホルモンの関係で通常より多くのビタミンB6を必要としますから、欠乏症に気をつけなければいけません。ビタミンB群はお互いにかかわり合って働く特徴があります。ビタミンB6が活性型に変わるときは、ビタミンB2を必要とします。アミノ酸の1つである、トリプトファンからナイアシンが合成されるときは、ビタミンB6が必要です。

ビタミンB12  ビタミンE   葉酸
マグネシウム サポニン パラアミノ安息香酸 ビタミンとは

ランキング更新

ヘムアイアン

サンアクティブFe

にんにく卵黄


プレミアム

サジーマイルド

貧血の知識(4件)

貧血の種類(5件)

貧血の栄養成分(9件)

貧血のQ&A(15件)